投稿日:2017年06月21日

スニーカー文庫のライトノベル

ラノベ感想のカテゴリーを追加しました。ダンタリアンの書架は、角川スニーカー文庫のライトノベルです。電撃文庫の人気シリーズでアニメ化もされている「ストライク・ザ・ブラッド」の作者の前作です。「ストライク・ザ・ブラッド」もアニメ化されています。

ダークファンタジー

ダンタリアンの書架の内容というと、ロリ少女と青年の冴えないコンビによる、ダークな雰囲気のファンタジーです。

高い技量を感じさせる

「ストライク・ザ・ブラッド」もそうだったのですが、設定が巧みで、話の面白さも安定していて、作者の高い技量を感じさせます。いずれにしても、安定して楽しめる作品でした。というわけで、この作者の「ストライク・ザ・ブラッド」もおすすめです。

感想

ネタバレを含みますが、ダンタリアンの書架の舞台設定は、20世紀初頭のイギリスという一風変わった世界で、ヒロインの正体は意外なことに、という内容です。 雰囲気がよく描かれているのもグッドです。

意外に読みやすい

ダンタリアンの書架は、どことなくトリニティ・ブラッドを思い出させるところがあると思いました。暗い雰囲気ながら、オムニバスで、とても読みやすく、意外に思いました。というわけで、ダンタリアンの書架の感想でした。
posted by ranobebiz at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック